【解決】Windows365のクラウドPC上でOutlookが自動認証でエラー

Windows365のクラウドPC上でOutlookのアカウントを設定したところ
申し訳ございませんが、アカウントを自動的に設定することはできませんでした。自分で設定するには、[次へ] をクリックします。
となってしまいどうしてもうまくいかない。

使用しているMicrosoft365アカウントは多要素認証の設定をしており、Windows365も同じアカウントに紐づけている。
またWindowsログインアカウントでは「このデバイスではどこでもこのアカウントを使用する」を有効としている。

試行錯誤の結果、解決に至った手法は以下の通り。
キーワードは「先進認証」。
アプリケーションパスワードも不要だった。

  1. Microsoft 365 管理センターで先進認証を有効にする
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/clients-and-mobile-in-exchange-online/enable-or-disable-modern-authentication-in-exchange-online
  2. Outlookのプロファイルを削除する
    コンパネ – ユーザーアカウント – Mail (Microsoft Outlook) を開き
    「プロファイルの表示」から削除
  3. 資格情報が残っていたら削除
    コンパネ – ユーザーアカウント – Windows 資格情報の管理 を開き
    Outlookと表示されたものを全て削除
  4. Office 365 Support and Recovery Assistant を実行する
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/troubleshoot/outlook-issues/cannot-set-up-profile-autodiscover
    →「推奨される方法」のところ

以上の結果、無事Outlookが利用できるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。